京唐津(千鳥)
521bde929de2f080370001c7

京唐津(千鳥)

¥33,000 税込

送料についてはこちら

【桐箱入り】1お酒のおいしさを堪能できるように、底を深くした厚手の酒器です。器肌を触ると土のざらざらとした感覚が指先に伝わります。ろくろを回して手作りしたことを語る丸い筋が幾重にかさなって織りなす模様はひとつひとつ異なる顔を持っています。すべて世界にひとつしかない作品なのです。唐津焼は「一井戸、二楽、三唐津」と言われて、多くの茶器を生み出してきた焼物です。京都近郊で採れる粘土を巧妙にブレンドし、唐津焼風の土味を再現したものが京唐津です。京唐津には2つのサイズを用意しました。 日本では、見た目や手触りに土を感じる焼き物である土器や陶器が磁器同様あらゆる器に使われてきました。土を感じる器が発達してきた国はとてもめずらしいので、この日本の陶器を世界中で試してほしくて、古来「ぐい呑み」と呼ばれてきた酒器の世界共通仕様をめざすアレンジ版を販売します。それが日本古来のものよりひとまわり大きな「ぐい呑み」として企画した「さけ呑み」です。お酒を少しずつ注ぎ合いながら飲む習慣がある日本古来の「ぐい呑み」はワイングラスに比べてずっと小さかったですが、「さけ呑み」のサイズなら世界中のお酒を楽しんでいただけます。「さけ呑み」シリーズの制作を京都の真葛窯にお願いしました。真葛窯は、江戸時代の伝説的名工、真葛(宮川)長造の系譜をひく京都でも屈指の名門で、当主は六代宮川香斎氏です。その最高の技を使ってつくりあげたのが「さけ呑み」シリーズです。